Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanga2.blog38.fc2.com/tb.php/16-b1f8f5aa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

UTM プレスリリース

上野タウンアートミュージアム
伝統と現代 -刷りもの・摺りもの-
-伝統の未来形- 交換•交流•コラボレーション


① ウィーン応用芸術大学と東京藝術大学との交流展

タイトル:『 移行? -東京/ウィーン- 』(仮)
開催場所:旧坂本小学校
開催期間:2009年11月14日~11月25日
参加者:(東京藝術大学)三井田盛一郎、瀧将仁、北爪潤、赤保谷香、大坂秩加、立川彩乃、根岸一成、丸山素直、三好愛、迎有里子、保田健太、吉田潤
(ウィーン応用芸術大学)Michael Scneider、その他学生15名程度

内容:ウイーン応用大学と東京藝術大学のスタッフと学生による国際交流展。
※本年は日本とオーストラリアの外交関係140年を祝う「オーストリア•日本年」であり、台東区とウイーン第1区との姉妹都市締結20周年にあたる年です。


② 東京藝術大学DESIGN×PRINTMAKINGプロジェクト

タイトル:『 すりものコレクション 』(仮)
開催場所:浅草公会堂及び、台東区内各所で配布
開催期間:10月~11月末
参加者:(デザイン研究室)五味由梨、三条貴正、平野拓也、丸山素直、山崎礼(版画研究室)根岸一成、三好愛、迎有里子、保田健太、吉田潤
内容:版画研究室と視覚伝達研究室の互いの研究領域を見つめ直し、「グラフィック」「印刷」「流通」など、共通のキーワードから新たな「すりもの」を提案します。UTM開催期間内に台東区内各所で配布し、「すりもの」を通して地域住民と交流を図る企画です。




③ 伝統木版画実演

タイトル:浮世絵木版画の実演
開催場所:浅草公会堂
開催日:11月14日(土)午後2時より
講師:安達以乍牟
浮世絵職人:彫り師•新實隆、刷り師•仲田昇
内容:江戸の下町情緒を豊かに残す浅草から上野を結ぶ地域を包含する台東区は、浮世絵版画に限らず木版画印刷の伝統(摺り師、彫り師、道具材料作りの職人たちの活動の場として)が保たれてきました。この伝統版画実演では大切に継承されてきた浮世絵版画の技術を紹介します。


④ 国際シンポジウム

タイトル:国際シンポジウム 伝統と現代「刷りもの・摺りもの-伝統の未来形-交流、交換、コラボレーション!」
開催場所:東京藝術大学中央棟第3講義室
開催日:11月15日(日)
司会:三井田盛一郎
パネリスト:池田良二(武蔵野美術大学教授)ミヒャエル・シュナイダー(ウィーン応用芸術大学准教授)ジュリー•アービング(メルボルン大学VCA講師)門田けい子(長沢アートプロジェクト)他を予定。
内容: 「伝統の未来形」をキーワードとして、アーティスト・イン・レジデンスの運営、国際交流、国際的なワークショップの現場から“新たな伝統の芽生えの可能性”を討議します。更に、「刷りもの・摺りもの」版画、グラフィックアートの軽やかな移動性から生れる「地域を結ぶ交流の新たな形」、様々な地域での文化的な喜びの創出のあり方を探ります。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanga2.blog38.fc2.com/tb.php/16-b1f8f5aa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。