Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanga2.blog38.fc2.com/tb.php/31-a4dde173

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

芸大アートプラザ

芸大ホームページにて、アートプラザで開催中の「移行 umsteigen」の展示詳細が公開されています。


<挨拶文>
イメージやアイデアは人から人へ、ゆっくりと変化しながらも伝わっていきます。時間軸で見れば伝統の継承のような事になり、空間を移動すると交流が生まれます。

2009年のために小さくても何かをはじめてみようと、ウィーン応用芸術大学と東京藝術大学の版画を専攻する学生たちが版画集“移行 umsteigen”を2008年秋に出版しました。今年2009年は、オーストリア・日本年、ウィーン第1区・台東区姉妹都市提携20周年そしてウィーン応用芸術大学・東京藝術大学交流提携開始の年です。版画とグラフィックアートの長い伝統を持つ両国、両都市にある2つの芸術大学の新しい交流、新しい伝統をこの小さな出版物から始められればと願い、昨年は在日オーストリア大使館、今年に入りウィーン・クンストラハウスでこの版画集の展覧会を行ってきました。

藝大アートプラザでの本展覧会では版画集“移行 umsteigen” と両大学の教員スタッフの作品を合わせて展示します。私たちは互いに、すばらしい版画作品を残した象徴的な名前として、アルブレヒト・デューラーや葛飾北斎などを知っています。そして、現代の情報化社会の様々なイメージやアイデアを共有しています。 それでも実際に作品を交換し、それぞれの制作者が直接アイデアを交わし合うことで確かめられる興味深い相違点がたくさんあります。日本の中で変化したヨーロッパの伝統、オーストリアの中で変化をして来た東洋の伝統。私たちは直接出逢い話始める事で始まる新しい変化や新しいユニークなアイデアが開発される事を期待しています。

どうか多様な角度からのオーストリアと日本、ウィーン応用芸術大学と東京藝術大学との交換の軌跡を、版画作品を通じてお楽しみ頂けましたら幸いと存じます。

2009年9月
東京藝術大学 版画研究室
准教授 三井田盛一郎


よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hanga2.blog38.fc2.com/tb.php/31-a4dde173

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。